日本カートリッジ標準試験センター

ご挨拶

MESSAGE

挨拶
私達は、環境に優しく、オフィスコスト削減に効果がある再生トナーカートリッジの普及と健全な発展の貢献を目指し、再生トナーカートリッジ業界初となる標準試験を第三者機関として行います。
 
地球温暖化などの環境問題が注目され、環境配慮を意識した商品やサービスが増えています。事務関連の消耗品の経費削減に大きく貢献しているレーザープリンター用再生トナーカートリッジは、産業廃棄物を減らし、環境にも優しい商品として、世界規模で認知されてきました。
 
エンドユーザー様から回収された使用済みトナーカートリッジをクリーニングし、使用可能部材を再利用し、摩耗した部材のみを交換し、トナーを再充填してトナーカートリッジは修理再生されます。
 
再生トナーカートリッジは純正トナーカートリッジと異なり、印字品質や印字枚数等の統一基準がなく、再生トナーカートリッジメーカー様により基準がバラバラであり、且つ個々の性能がオープンにされていないため、エンドユーザー様が公平に選択する情報が乏しく、実際には価格のみの比較で購入することが余儀なくされておりました。
 
そのため、中立的な立場として、透明性、公平性を保つための標準試験を実施し、再生トナーカートリッジの品質向上に貢献してまいります。また、昨今問題視されています模倣品や偽造品との一線を画するためにも、最大限に機能を発揮できるような機関としてお役に立てればと思います。

業界ニュース

INDUSTRY INFORMATION

試験方法
最近、トナーカートリッジの模造品や偽造品が出回っているようです。
これらのトナーカートリッジは正規のリサイクルトナーカートリッジ(再生トナーカートリッジ)とは全く違うものです。
 
再生トナーカートリッジは、使用済みトナーカートリッジをクリーニングし、なるべく多くの使用可能部材を再利用し、摩耗した部材のみを交換し、トナーを再充填してトナーカートリッジは修理再生されます。
 
再生トナーカートリッジは産業廃棄物を減らし環境にも優しい商品として世界規模で認知されてきました。
 
知的財産権を無視した模倣品や偽造品はご使用になられないことを強くお勧めします。そのようなトナーカートリッジを扱われている販社様、エンドユーザー様は純正メーカー様からの訴訟リスクにさらされています。

標準試験方法

VARIOUS STANDARD TEST METHODS

試験方法
一般社団法人日本カートリッジ標準試験センターでは、ご要望により、次の標準試験を行っています。
 
  • Printage(プリンテイジ)試験
    (当センターオリジナル標準試験)
  • STMC試験(世界で唯一のトナーカートリッジ標準試験)
  • ASTM試験
  • ISO/IEC 19752, JIS X6931 試験
 
*Printage(プリンテイジ)はトナーカートリッジ試験方法として、
   商標登録されています。

費用と詳細については別途御連絡下さい。 (お問い合わせはこちら
0
0
9
0
9
4